2006年04月07日



 学校の南門(多分 に咲いている桜、すっごくきれいじゃないですか?

最近の風雨で結構散ってしまっていたけれど、
桜が咲いているのをみると、心和みます。

はらはらと散る花びらや、
薄い花弁がほころぶように咲いている様子、
そんな花の一個一個が集まっていると、
日の光を浴びて桜の花がぼんやりと光を放っているような気がします。

近くから見ても、
遠くから見ても、桜って本当に綺麗ですよね(^^)


 桜だけじゃなくて、練習室から見える椿の花も好きですよ。

この前のぞいたら、紅色の花をつけていて
その重みで枝がたわんでいました。

何となく、古典で習った「枕草子」を思い出しました。
清少納言が花をつけてたわんだ枝を
「おかし」といったのか、「わろし」といったのかは忘れましたが、
私は「いとおかし」と思います。

植物好きです。


posted by カノン at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。